日本料理から学べば料理が上手くなれる!直ぐに活かせる豆知識

おひたしの調理法というと十人十色でしょうが、オーソドックスな調理法も習ってみてください。

だし、醤油、さらに味醂を合わせた材料と和えて食すのが王道の料理法ですが、シンプルにしょうゆをかけるだけの簡素なおひたしというのも割と一般的なようです。

胡瓜や大根を使った一夜漬けも、毎日でも食事に添えてあげたいものでしょう。

お新香をハンドメイドするときに気をつける塩気ですが、素材を基準にだいたい2~3パーセントが理想と言われます。

食塩のみで作るのも充分と言えますが、可能であればトウガラシや生姜、又は昆布なども一緒に漬ければ趣のある味わいやら旨み成分が浸み込みます。

お浸しのベーシックな野菜はホウレンソウに茄子等ですが、他にも思いも寄らない素材がマッチすることもあるのです。

例を出すと水菜ですとかアスパラガス、カボチャなども美味しく出来る食材ですので、作れる副菜の引き出しを増やしたい時は勝手の良いジャンルではないでしょうか。

ゼファルリンの効果

日本料理から学べば料理が上手くなれる!直ぐに活かせる豆知識